FC2ブログ

論語と算盤感想

どうも、最近カメラを買いました。町野です。
中古のフィルムカメラを買いましたので現像するまでは露出(明るさ)が足りているかどうか
さっぱりわからぬままパシャパシャ撮っております。出来上がりが楽しみです。

今回は渋沢栄一氏の『論語と算盤』の感想を書きます。

私はちくま新書の現代語訳版で読みました。

『論語と算盤』は日ハムの監督が選手全員に配って読ませたことでも有名な本です。

内容としましては論語の思想がいかに経営に役立つかといったものです。
元々論語のような人間らしさや道徳心はビジネスには不要と考えられていたそうなのですが、
そこへ渋沢氏が一石を投じます。

印象的だった箇所をご紹介いたします。

全体を通して何度も書かれていることは、
「小さい事も大きな事の一部なのだから真面目に取り組め!」
と、いうことです。

水戸黄門で有名な水戸光圀が「小さいことは分別せよ。大きな事には驚くな」と言ったそうです。

私も小さなことを見逃すことも多々あれば大きな事に驚き戸惑うことが多々あります。
当然、それではならぬという訳です。

小学生のころ通っていた塾の算数の先生が「分ければ解る」と言っていました。

その通りで小さいことをきちんと理解し丁寧に行うことの積み重ねが大きなことになりえますので
改めて、光圀公の教えを覚えておきます。

このことで、他にも例があげられており、
豊臣秀吉が信長に認められたのも草履取りの仕事を大切に勤めていたからとのことです。

もう一つの例として「受付や帳簿つけといった与えらえた仕事を、
そのときの全生命を、かけてまじめにやれない者は、いわゆる手柄をたてて出身出世の運を
開くことができないのだ」と渋沢氏は書かれていました。(すばらしい!!!!!!!!!!!)

そして、物事を分解し咀嚼し理解した段階で、
「進むべきときは進み、止まるときは止まり、退いた方がいいときには退く」のが
大切だと書いてあり、今、社内の車に積まれている一倉先生が講演でいたようなことを言っている
ことを思い出しました。

成果(収益)にならないところと、繋がり、時間や手間や人を使うことは自殺行為だと言っていました。

仕事にかかわらず損切を見極め早めにすることが大切なのだと思います。

物事(特に商売)はいざ実践しなければ見込みどおりの成果が上がるかはわかりません。
なので実践した後にいかに早く損切するかの判断が大切とのことです。

最後に、「年を取り「まだ生きていたのか」と思われるようであればそれは肉塊である」
とかかれていたことが衝撃的でした(笑いました)。

あまりにもストレートですが仕事を通して社会に対し役に立つことが一切なく、
感謝されないようであれば、たしかに、それは自意識だけが残った肉塊にすぎないかもしれませんね(笑)

武士の格言で
「人の楽しみをみずからの楽しみにするものは、人の憂いをみずからの憂いにする」
とあり、社会生活の基本中の基本ですが人はそれを忘れてしまい、
自分一人で一丁前に生計を立てているような態度をとってしまいガチです。

当たり前のことですが初心に戻り改めて業務に取り掛かります。

以上。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント