FC2ブログ

【メルマガ】HOMIE KEI チカーノになった日本人

どうも、一昨日から筋トレを始めた町野です。

金曜日に私の大好きな先輩とたまたま遭遇し、
どうやら二か月前から筋肉に目覚めたらしく、
筋肉について色々叩きこまれました。

私みたいなガリガリで太らない人のことをハードゲイナーと言い栄養の吸収が悪いらしいです。

こういうことはすぐに飽きるタイプなのですが、
飽きるまではジェイソンステイサム目指して今日も
広背筋をパンプしてきます。

以下メルマガのコピペ↓

TIKA-NO.jpg

今回は2019年4月公開のドキュメンタリー映画『HOMIE KEI チカーノになった日本人』です。

今年は映画をあまり観ておりませんでした。
映画館で現在やっている『ミッドサマー』をすごく観に行きたいです。

そんな中つい最近見たのがこの映画です。

この映画では日本でヤクザをやっていたKEIがアメリカにコカインを密売し、
逮捕され刑務所でメキシコ人ギャングであるチカーノに受け入れられてから
現在に至るまでの半生をインタビューしたものです。

以前、テレビ番組の『クレイジージャーニー』や、
スカパーの『BAZOOKA』という番組にも出演しております。


KEIは幼少期、両親が育児を放棄していたため
叔母さんなど親戚の家をたらいまわしにされます。

すぐにグレてそのままヤクザへと進みます。

その頃の仲間との昔話で、
笑いながら「言えない、言えない、そんなの言えないよー(笑)」
みたいな話が沢山出てきます。

むしろ言える話で仲間の脳みそが食ってる飯にぶちまけられたとか、
スカーフェイスに憧れテーブルに大量のコカインを山盛りにして紙幣で吸引した話など、
言えない話がどれほどやばいのかと思うと笑ってしまいます。

日本での仲間たちとの再会や昔話から話はアメリカの刑務所へと移ります。

当時、身体障碍者が海外へ渡航する際に身体の検査がなかったため、
KEIは車椅子に乗っている人を大量に集め、車椅子のパイプにコカインを詰め込んで密輸します。

その際、おとり捜査に引っ掛かりアメリカの刑務所へと行きます。

アメリカの刑務所は最近だとよく海外ドラマなどで見ますが、
国籍などによりギャングの派閥があり日々、殴り殴られ殺し殺される毎日とのことです。

そんな中日本人がたった一人で服役されるもKEIは怯まず闘います。

その時のエピソードで全く分からない英語を勉強するため、
刑務所の映画の時間に紙とペンをもっていき、
何度も出てくる言葉は日常的に使う言葉だということで紙にカタカナで書き込み、
それを言葉で他の人に伝えてスペルを教えてもらい辞書で調べる。

これは一日3単語ずつ繰り返して英語を習得したという話が私はすごく好きです。

ある日、メキシコ系のギャングであるチカーノに絡まれ、
殺さるかもしれない状況で、孤独なのにも関わらず全く怯まぬKEIをチカーノ達は評価し、
仲間に加われたそうです。

その後、KEIの息子の話や服役していたころの仲間との再会などのシーンで映画は終わります。

現在KEIはカウンセラーや育児放棄された子供の施設の運営などをしております。

映画の本題としては強い仲間意識について何度も触れます。
義理と人情じゃないですけど、法律や一般的な思想の枠組みを超えた人間の信用を
目の当たりにすることは私ような平成生まれはありません。

あと、何度も触れていた内容としてKEIは兎に角、運がいいと言っております。

死んでもおかしくない状況にさらされていても必ず生きて帰ってくる。

運がいいって言うのはかなり生きてく上で大事で、
成毛眞がインタビューで「なぜ、マイクロソフトの社長になれたのか?」と聞かれ
「運が良かったからですよ」と言っていたのを思い出しました。

レアな人生を送っている人の話を聞くのは結構面白いので皆様も観てください。

以上。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント