FC2ブログ

【メルマガ】ミッドサマー

どうも、町野です。
コロナで外出できないため、
酒屋で買ってきたウイスキーを家で飲んでいます。

なんやかんやで一番飲んでいるであろうバーボンの
エライジャクレイグを買って飲んでいます。

一番好きなのはアイラモルトなので早くバーに行けるようになるといいです。

以下、メルマガのコピペ↓
ミッドサマー画像

※ 画像のリサイズさぼりました。

今回は2019年公開のホラー映画『ミッド・サマー』です。

監督は本作が長編映画2作目となるアリ・アスター監督。

1作目の『ヘレディタリー/継承』はサンダンス映画祭で、
「直近50年のホラー映画の中の最高傑作」「21世紀最高のホラー映画」
と評されているらしいです。(wikipedia参照)

そんな現在注目されている監督の二作目という訳です。

あらすじです。

主人公はメンヘラ女子大生のダニー。
妹が両親と心中し、さらに不安定になるところから映画は始まる。

一方、ダニーの彼氏のクリスチャンは大学の友人たちから
「あんなおかしな女とは別れろ」と言われながらも交際を続けている。

ある日、クリスチャンの大学の友人仲間の一人から
故郷であるコミューンの夏至祭に誘われ、仲間たちと共にダニーも参加することになる。

ダニーは精神が不安定ながらも大自然に癒される。
のも、束の間、この夏至祭が日に日に異常さを増していくのであった。

といった内容です。

私は3月下旬くらいに映画館で見たのですが、時期が時期なので
混んでたらやめようと思い、HPでシネコンの座席表を確認したところ予約0組だったので観に行きました。

行く前にネットで確認でき、座席の予約までとれるのはとても便利です。

もうシネコンの行列に並ぶこともありません。

映画の宣伝でも言われていましたがこの映画は
ホラー映画なのに夏至なのでずっと明るいです。

コミューンで起こる数々の異常な出来事も、
その閉ざされたコミュニティでは常識である怖さがあります。

また、その起こりうる異常な出来事が
全て壁画として描かれているのも気持ちが悪くてよかったです。

その中でも「恋」の絵がとびっきりキモかったです。

監督のインタビューも何個か読みましたが、
山奥に一見、頭のおかしい慣習のコミューンがあって、
そこに興味本位に参加してひどい目に合う大学生を観てみたい!、
というシンプルな動機で撮っているところにとても好感がもてました。

今後もアリ・アスター監督からは目が離せません。

これからレンタルが始まり、
サブスクでも観られるようになるかもしれませんで是非ご覧ください。

以上。
スポンサーサイト



【メルマガ】アンカット・ダイヤモンド

どうも、町野です。

最近すべての映像をプロジェクターで見て、
プロジェクターの光で生活しているため目の疲労が酷いです。

鉄分の不足も感じていたので
ブルーベリーを沢山食べて映画ライフを楽しもうと思います。

以下メルマガのコピペ↓
アンカットダイヤモンド画像

今回は2019年公開のアメリカ映画『アンカット・ダイヤモンド』です。

監督はサフディ兄弟。
他の有名な作品だと『グッドタイム』ですね。

主演はアダム・サンドラー。

この作品はNetflix配給なので外出自粛中でも視聴可能です。

私的な話ですが、ホームシアターを買いました。
家の中が映画館だと言ってしまっても遜色ないかと思います。
最高です。

さて、あらすじです。

主人公はニューヨークで宝石商をしているハワード。
ハワードは儲けたお金や借りたお金をギャンブルに突っ込んでしまうギャンブル狂。

そんなハワードはある日、とてもレアなオパールを入手し、
NBA選手のKGに売却する。

その売却したお金で借金を返さなくてはならないはずが、
ハワードはその金を全額突っ込んだ大きな賭けに出るのであった。

ザックリこんな感じの内容です。

私はあまり詳しくないので間違っているかもしれませんが、
ニューヨークではユダヤ人がこういった宝石店を経営している歴史があるそうです。

ハワードは兎に角、クズ野郎です。

奥さんや子供とは別に、若い女と同棲しているアパートがあったり、
人から借りた宝石も質に入れその金で一攫千金しようとしたり、
自分の都合が悪くなると嘘をついてごまかします。

ハワードは別に賢いわけでも、小さな努力を積み重ねるわけでも、人の為に尽くすわけでもなく
「俺は成功するんだ!反対している奴らをギャフンと言わせてやる!今に見ていろ!」
と、いい加減なことばかり言い、挑戦とか言いながらギャンブルにお金を突っ込んだり、
無計画なビジネスに手を出したりします。

しかし、ハワードは周囲から憎まれている反面、一部の人間からは物凄い愛されてもいます。

劇中の曲がサイケな感じがまた考えさせられるような雰囲気を後押ししています。

被害者になるか加害者になるかは明日は我が身だなと感じました。

以上。