FC2ブログ

【メルマガ】HOMIE KEI チカーノになった日本人

どうも、一昨日から筋トレを始めた町野です。

金曜日に私の大好きな先輩とたまたま遭遇し、
どうやら二か月前から筋肉に目覚めたらしく、
筋肉について色々叩きこまれました。

私みたいなガリガリで太らない人のことをハードゲイナーと言い栄養の吸収が悪いらしいです。

こういうことはすぐに飽きるタイプなのですが、
飽きるまではジェイソンステイサム目指して今日も
広背筋をパンプしてきます。

以下メルマガのコピペ↓

TIKA-NO.jpg

今回は2019年4月公開のドキュメンタリー映画『HOMIE KEI チカーノになった日本人』です。

今年は映画をあまり観ておりませんでした。
映画館で現在やっている『ミッドサマー』をすごく観に行きたいです。

そんな中つい最近見たのがこの映画です。

この映画では日本でヤクザをやっていたKEIがアメリカにコカインを密売し、
逮捕され刑務所でメキシコ人ギャングであるチカーノに受け入れられてから
現在に至るまでの半生をインタビューしたものです。

以前、テレビ番組の『クレイジージャーニー』や、
スカパーの『BAZOOKA』という番組にも出演しております。


KEIは幼少期、両親が育児を放棄していたため
叔母さんなど親戚の家をたらいまわしにされます。

すぐにグレてそのままヤクザへと進みます。

その頃の仲間との昔話で、
笑いながら「言えない、言えない、そんなの言えないよー(笑)」
みたいな話が沢山出てきます。

むしろ言える話で仲間の脳みそが食ってる飯にぶちまけられたとか、
スカーフェイスに憧れテーブルに大量のコカインを山盛りにして紙幣で吸引した話など、
言えない話がどれほどやばいのかと思うと笑ってしまいます。

日本での仲間たちとの再会や昔話から話はアメリカの刑務所へと移ります。

当時、身体障碍者が海外へ渡航する際に身体の検査がなかったため、
KEIは車椅子に乗っている人を大量に集め、車椅子のパイプにコカインを詰め込んで密輸します。

その際、おとり捜査に引っ掛かりアメリカの刑務所へと行きます。

アメリカの刑務所は最近だとよく海外ドラマなどで見ますが、
国籍などによりギャングの派閥があり日々、殴り殴られ殺し殺される毎日とのことです。

そんな中日本人がたった一人で服役されるもKEIは怯まず闘います。

その時のエピソードで全く分からない英語を勉強するため、
刑務所の映画の時間に紙とペンをもっていき、
何度も出てくる言葉は日常的に使う言葉だということで紙にカタカナで書き込み、
それを言葉で他の人に伝えてスペルを教えてもらい辞書で調べる。

これは一日3単語ずつ繰り返して英語を習得したという話が私はすごく好きです。

ある日、メキシコ系のギャングであるチカーノに絡まれ、
殺さるかもしれない状況で、孤独なのにも関わらず全く怯まぬKEIをチカーノ達は評価し、
仲間に加われたそうです。

その後、KEIの息子の話や服役していたころの仲間との再会などのシーンで映画は終わります。

現在KEIはカウンセラーや育児放棄された子供の施設の運営などをしております。

映画の本題としては強い仲間意識について何度も触れます。
義理と人情じゃないですけど、法律や一般的な思想の枠組みを超えた人間の信用を
目の当たりにすることは私ような平成生まれはありません。

あと、何度も触れていた内容としてKEIは兎に角、運がいいと言っております。

死んでもおかしくない状況にさらされていても必ず生きて帰ってくる。

運がいいって言うのはかなり生きてく上で大事で、
成毛眞がインタビューで「なぜ、マイクロソフトの社長になれたのか?」と聞かれ
「運が良かったからですよ」と言っていたのを思い出しました。

レアな人生を送っている人の話を聞くのは結構面白いので皆様も観てください。

以上。
スポンサーサイト



【メルマガ】極悪レミー

どうも、最近カメラ熱が再熱し持ち歩いてはパシャパシャ撮って歩いています。

若干デジタルカメラが欲しくなってきており、
leicaのカメラを分割でかっちゃおーかなー
とか思っているのですが、飯代を切り詰めながら酒を飲んでいる私の財布に
200万円のカメラを買う余裕などどこにもないと、調べている最中にフと気が付きます。

間違って買っちゃわないように気を付けます。

以下、メルマガのコピペ↓
gokuakuremi-.jpg

今回は2010年製作のドキュメンタリー映画、『極悪レミー』です。

この映画はモーターヘッドのフロントマンであるレミー・キルミスターのドキュメンタリー映画です。

モーターヘッドは1975年から2015年まで活動していたロックバンドです。

そのレミーはかなりクレイジーな人物で有名でしたので、
ロック好き的には当時待望のドキュメンタリー映画でした。

私はたしか、高校生の時に友達と見たような気がします。

内容としてはレミーの日常に密着するようなものなのでが、
兎に角クレイジーな日常に爆笑しました。

有名なエピソードとして次のような物があります(wikipedia参照)

・コーラのジャックダニエル割り(1:9)を”常に”飲んでいる。

 レミーは「俺はモーターヘッドを結成してから一度もシラフになったことはない」とも言っています。

 しかし、糖尿病を患ってからはジャックダニエルの配合さらに増やしたそうです。
 

・ナチ関係のコレクターである。

 映画内でも自慢げに当時使用されていた剣を自慢するシーンや、
 休みの日に軍服を身にまとい戦車にのっと大砲をぶっ放すシーンがあります。

・ライブの音が超デカイ

 映画内にあるファンへのインタビューで
 「モーターヘッドのライブに行った後、3日間は女房が何を言っているか聞こえなくなる」
 と言っていたのは最高でした。

・何故か頭部に性病が移った。
 
 そん中でもジャックダニエルを頭にぶっかけライブに挑んだそうです。


そんなレミーも2015年に鬱血性心不全で亡くなりました。

私も学生のころよりかは、(元々そうでもないですけど)
ロック最高!あっちよりもこっちの方がロック!
みたいな考え方はなくなりました。

なくなりましたけど、レミーの生活はかっこいいと思います。

これは天才のなしえることであって、私のような人間が憧れてなれるようなものではありません。

この映画は本当に面白いですが、私はよく勘違いをし、「自分もこうなりたい!」と思ってしまいがちなので、
尖った人に影響され極端な言動をしないようにしなくてはと改めて思いました。

以上。

【メルマガ】クレイジー・リッチ

どうも、最近カセットテープの再生機器を入手しました。
カッセトテープを買いすぎないように気を付けます。

まず、ボン・イヴェールのグラミーとったアルバムと、
レッチリのブラッドシュガーセックスマジック、
フランツ・フェルディナンドのユークラウドハブナントカコントカ
の、三つを購入しているのでこのローテーションで楽しみたいと思います。

後は新譜で出ている物でSpotifyで聴いて気に入ったらお店に買いに行きます。
現在、カッセトテープでも新譜が出ているものもありますので。

以下、メルマガのコピペ↓
kureizi-.jpg

今回は2018年公開の映画、『クレイジー・リッチ!』です。

この映画はアメリカ映画なのですが、キャストは全員アジア系の人が起用されています。

当時読んでた映画雑誌ではハリウッドの映画でアジア人しか出てこない映画で
ここまで評価された映画はこれまでに無いと記載されておりました。

wikipediaを参考にあらすじを書きますと、
主人公は中国系アメリカ人のレイチェル・チュウ。
ニューヨーク大学で経済学の教授をしています。

頭もキレるしそれなりに裕福です。

ある日、レイチェルはイケメンの彼氏であるニックの友達の結婚式に招待されてシンガポールへ行きます。

レイチェルは母と「こんなドレス着て行ったら嫌味っぽいかしら(ゴージャスで)?このくらい
地味なのが丁度いいんじゃな~い?」などと言いながらドレスを選びいざ空港へ。

空港へ着くと航空会社のニックに対する待遇や用意されているシートのリッチさに度肝を抜かれます。

驚いたレイチェルは「あなたは何者!?王子様!?」と尋ねると、

ニックは『王子じゃないよ、でも王子様よりリッチさっ』などとぬかします。

※ かなりうろ覚えなので別の映画のシーンかもしれません。ご了承ください。

ここからシンガポールに到着し、ニックの実家は勿論のこと、
アジアの超絶金持ちたちに圧倒されまくります。

ここからしばらく金持ち大驚き大喜利が続くのですが、
アジア系ではあるもニューヨーカーであるレチェルは文化の違いや
ニックの家の伝統やシキタリなどに衝突し、
このままこの人と結婚できるのだろうか?と不安になります。

追い打ちをかけるようにニックの家族からは嫌がらせをされたり全然認めてもらえません。

レイチェルの運命や、いかに、

みたいなお話です。

やはり、見所は超お金持ちの超リッチなパーティ模様です。

私はドレスを着ている人を見るのがとても好きなので(気持ち悪い)最高の映画でした。

話の本筋はレイチェルがニックの家族から中々認められなかったり、
ニックの地元の女性たちに、「王子はなぜあんな子を選んだのかしら!?」と僻まれるところにあります。

ニックの母も元々庶民の出なのでニックと結婚することがどれほど大変なことか、
そしてそれはレイチェルには無理だと言います。

それをレイチェルは麻雀で乗り切るのです!!!
(麻雀放浪記みたいな感じではありませんので。)


なんとも、散らばった紹介になってしまいましたが、
ハリウッドにドンドン中国の企業が参入し、
しかもその映画が批評家に高評価で売れたという代名詞のような映画ですので是非ご覧ください。

以上。