FC2ブログ

渇き。の話

どうも、今出ている期間限定のラー油味の柿の種最高!、町野です。

先日、『渇き。』という映画をネットフリックスで見てとても面白かったので紹介します。

↓予告編


↓Wikipediaに載っていたあらすじ

 元刑事であり警備員の藤島秋弘はコンビニでの大量殺人を目撃してから間もなく、
離婚した元妻から行方不明になった娘、加奈子の捜索を依頼される。
しかし加奈子を探していく過程で、彼女が悪名高い不良グループと関係していることが判明。
さらに彼女の部屋からは大量の覚醒剤が発見される。いつしか藤島は、
娘が地元の裏社会や政財界の人間までもを巻き込んだ大規模な犯罪行為の中心人物であることを知り、
彼女を中心とした内部抗争に巻き込まれていくうち、娘を探す手口が徐々に凶暴になっていく。
 そして3年前、加奈子はクラスの中でいじめられていた瀬岡という少年に目をつけていた。
瀬岡は加奈子の元恋人であり自殺してしまった緒方のようになりたいと思っていたが、加奈子は既に彼に対して冷酷な罠を仕掛けていた。
 瀬岡は加奈子が抱くことになった狂気を味わい、藤島は自らが加奈子に犯した残酷極まりない仕打ちを思い出すことになる。


このあらすじは原作である小説のものですが、大体話は一緒です。

諸悪の根源である娘のやり口としましては、
学校でいじめられている子に対しては優しい言葉をかけ、
不良ぶったクラスメイトに対してはLSD(?)漬けにし、
スケベなオヤジには色目を使うなど、
兎に角人の弱みや心の隙間に入り込み骨抜きにするといった感じです。

ある業界では「銀看保アパ勤女」という最低な用語がありまして、
(あまり詳しく説明するとアレなので調べてください)
実社会にもこういった言葉が響きやすい状態の人に、
響く言葉を投げかけるビジネスがはびこっています。

(この映画の場合、動機は完全に愉快犯ですのでもっと怖いですが)

このような弱い者から搾取するようなビジネスモデルは経済の発展を妨げますので、
私たちのようにお客様の経営の成長が利益につながる仕事は素晴らしい!!!
と、いう無理やりな締めくくりになりましたが、
面白い映画ですので皆さんもそんな時間はどこにもないと思いますが、
見てみてはいかがでしょうか?

以上
スポンサーサイト



猫の写真

どうも、町野です。

Amazonアンリミテッドでウイスキーに関する本を何冊か読んでいて、
全然飲めてないことに改めて気が付きました。

映画もそうなのですがいわゆる”定番”が多すぎて、
これは今から二度同じものを飲まないように気を付けながらノルマを決めて飲まないと
飲みきれない!!!と思いました。

読み終えたときは色々飲んでみたい!
と思っていたものの、こんなに沢山のんでも
割とどれも美味しいのでそう高い満足感を得られない気がしました。

そう思って、私の好きなアイラモルトばかりを飲んでいたのですが、
アイラモルトばかり飲んでいてはあまりアイラモルトが美味しく感じられなくなってきました。

これはすっごい当たり前の話で毎日同じものを食べるよりも様々なものを食べたほうが
それぞれ美味しく食べられますよね。

私は割と同じものを食べることを楽だと思ってしまうタイプなので、
気を付けなければ無意識に食事を美味しく食べられていないかもしれません。

と、まあかなりどうでもいいことを書いてしまいましたが、
HIDEOUT CLUBというウイスキーのレビューやニュースを扱うアプリで
ユーザーのレビューをもとに「2017年で最も飲まれたウイスキーランキング」たるものを
発表しておりまして、

1位:ボウモア
2位:ラフロイグ
3位:アードベッグ

だったのでアイラモルトは「臭い!」と言われますが、
一般的に「ウマい!」ということです。

と、偉そうに書きましたが多分これはレビュー件数のランキングなので、
アイラモルト好きがわざわざネットに素人である自分が飲んだ感想をネットに書きたがる
自己顕示欲むき出しな奴ばかりという考え方もできなくもないですが。。。。
(感想を共有するのはいいことですよ^^)

たしか実際に世界で一番売れているのはインドのウイスキーだったような気がします。

まあどちらにせよシングルモルトのウイスキーは星の数ほどあって
面白いので私も色々試してみますが皆さんも是非色々飲んでみてはいかがでしょうか。

以上。

↓うちの猫です。
line_1517652770550.jpg