FC2ブログ

【メルマガ】デヴィッド・リンチ アートライフ

どうも、最近複数のお客様から同時多発的に玄米をおすすめされたので、
Amazonで5kg買ってみました。楽しみです。

こういった日常の消耗品もできるだけ通販で買って買い物に行く手間を省く努力をしているわけですが、
結局私は毎日一万歩歩くという使命があるため、そこまで買い物は手間ではないのかもしれないと思いました。

歩くときに月々膨大に聞いているラジオを消化しているのでできるだけ買い物とかは
人間とコミュニケーションをとらない手段のほうが集中できるので、
結果的にはまあいいのか、などと、思ったり。

あと、パラサイト観ました。

以下メルマガのコピペ↓
deviddo.jpg

今回は2018年公開の『デヴィッド・リンチ アートライフ』です。

この映画は鬼才である映画監督のデヴィッド・リンチのドキュメンタリー映画です。

リンチというとドラマシリーズの『ツインピークス』で有名です。

他にも難解な映画が多く、
『マルホランド・ドライブ』『ブルーベルベット』『エレファントマン』
など数多くの名作を撮っております。

恐らく私は日本で公開されているリンチの映画はすべて見ているのですが、
『ストレートストーリー』以外の映画はすべて不気味です。

主人公にしか見えていない人物が登場したり、
夢の中の出来事と現実に起きた出来事の境界がわかりにくかったり、
どこまでが幻想でどこまでが現実なのかわからないシーンが良く出てきます。

ただ、大島渚とかベルイマンとかの映画を観ているとこういったことはよくあります。

実験的な映画は普段映画をたくさん見ないと中々触れることはないかもしれませんが、
経験としてリンチの映画を数本観ておくのもいいかと思います。

この映画では、一室でリンチが自分の生い立ちを語りつつ、
映像ではリンチの日常生活の模様が流れ続ける構成となっております。

リンチはこの、創作、コーヒー、煙草のみを繰り返す生活のことをアートライフと呼びます。

映画の中で、出てくるリンチらしいエピソードとして次のようなものがありました。

リンチが20代前半のころ借りていたアトリエに父が遊びに来ることになり、
リンチは父に地下で行っていたある実験をやっと見せられると喜びました。

その実験とは、果物や鳥、鼠の死骸が朽ちていく様を日々観察するといったものでした。

それを観たリンチの父親は「お前は父にならないほうがいい」とリンチに言います。

リンチは父に誤解されたことに酷くショックを受けるといったエピソードです。

私の好きな写真家がインタビューで写真について
「破壊されゆく自然を切り取る」と言っていました。

もしかしたらそういった側面があったのかもしれません。

リンチはずっと鳴かず飛ばずの芸術家で、
ひたすらアトリエで彫刻や絵画をただただ創作していました。

ある日、助成金などもあり映画が撮れることとなり、
製作したのが『イレイザーヘッド』です。

リンチは『イレイザーヘッド』の製作が
何の制約もなく好きなだけ時間をかけられ,
とにかく楽しかったと述べていました。

この『イレイザーヘッド』も超不気味な話で、
工場勤務の男が彼女との間に子供ができ、けじめをつけるということで結婚することになります。

生まれてきた子供が奇形で出産後の妻がヒステリックで、
主人公の男は日々すさまじいストレスを感じ、
奇形の子供を鋏で切り殺す映画です。(ザックリ書いたのでもっと多面的にとれますが。)

リンチは映画やドラマがきれいに起承転結で解決する必要が全くないと考えているようで、
難解な映画について解釈を問われても、言葉を濁したり、場合によって違うことを言います。

『マルホランドドライブ』が公開された当時は、あまりにも内容がわからなかったため、
映画館のキャンペーンで半券をもっていくともう一回観られたりしたそうです。


本も映画も日常の人間関係もテレビ番組も、
私達は自分が消化しやすいものを好み、わかり易いものばかりを消費します。

そんな離乳食みたいな映画ばかり観ていては、リッチな感性で物事を観ることができなくなってしまような気がしますので、
皆様もたまにはリンチの映画でもみて、思いっきり後頭部を殴られるような感覚になってみてはいかがでしょうか?

以上。
スポンサーサイト



【メルマガ】マリッジ・ストーリー

どうも、蕎麦生活中の町野です。
たまーに違いものも食べますが、基本的に三食そばを食べるようにしております。

200円のそばで三食食べるため、
一月分の食費は31×200=6,200円

玉子を載せたとして10個入り多めに見積もって200円だとすると
一月3ケース買って600円。

夢の食費月7,000円以内生活ですよ!

このお金でお酒を買います。
保険、増やした方がイイかもですね!!!

以下メルマガのコピペ↓
_.jpg


今回は2019年公開の映画、『マリッジストーリー』です。

この映画はNetflixで限定公開されている映画です。

数ある映画関係のサブスクで1つ選ぶなら圧倒的にNetflixがおすすめです。

このメルマガでは何度も書いていますが、
有名な映画監督の映画が次々Netflixで公開されているので、
映画館では見れない新作を観られるからです。

スコッセシ、エドガーライト、マイケルベイ、ノアバームバックなどの映画を最速で
しかも月額の範疇で観られるなんて最高です。

今回はノア・バームバック監督の最新作です。
『イカとクジラ』とか『フランシス・ハ』とか撮ってます。

割と映画を見る人の間では有名ですが、
普段意識的に見ない人は聞いたことがないかもしれません。

あらすじです。

劇作家の旦那とその舞台女優の妻が離婚することになります。

お互いの仕事の方針を尊重しあうためということもあり、
始めは弁護士を設けずに円満に離婚しようということになります。

子供もいるため、子供にも寂しい思いをさせないようにしようと話し合います。

ある日、妻であるスカヨハが仕事関係者や友人の離婚経験者から離婚で弁護士をたてないなんてありえない!
といった意見を多数もらったことから、心が動き、ある弁護士に相談します。

弁護士は旦那の気にくわなかったところや、離婚の動機をヒアリングし、
孤独になった妻に寄り添い、スカヨハは徐々に被害者の意識が芽生えます。

話が違うだろ!と旦那のアダムドライバーも弁護士をたてます。
妻についた弁護士は非常に強いということもあり、
倫理的な面で過去のちょっとした失態もほじくる形で自分の身を守りましょう!という作戦にでます。

そうやって徐々に離婚協議は泥沼化していき、
こんなはずではなかったとお互い思うようになったころには事態は最悪になっているといった内容です。

未婚でかつ、両親も離婚も死別もしていない私がとやかく言うことでもないので離婚について書くのは控えます。

しかし、人間関係こじれた時に私は二度と会わずに連絡も取らなければそれで解決しますし、
次の日からなんのストレスも感じることはありませんが、
結婚していたり、子供がいたりすると何かと大変だなあと見ていて思いました。

面白かった点としては、恋人とのケンカあるあるを一挙にみられる点ですね。

あと所詮、大人の考える子供が喜ぶことに子供は喜ばないところも面白かったです。
まあ子供に限ったことじゃないですけど。

お互いの正義があって、どんどん最悪になっていくので観ていて兎に角悲しいです(笑)

アカデミー賞にもノミネートしている話題作なので是非ご覧ください。

以上。

【メルマガ】キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

以下メルマガのコピペ↓
4125DFPHMGL.jpg

今回は2002年公開のアメリカ映画『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』です。

監督はスピルバーグ。

皆さんはスピルバーグで何が好きか決めるに決めかねるほど
名作揃いですが、何が好きですか?

『E.T』も『ジョーズ』も『インディージョーンズ』も『シンドラーのリスト』も
かなりイイですし、新作の『レディープレイヤー1』も流石でした。

スピルバーグのことについて考えるとそれだけで終わってしまいそうなので控ます。

さて、キャッチミーイフユーキャンは実話に基づいた話です。

主人公であるフランク・W・アバグネイル(デカプリオ)は天才詐欺師で、
パイロット、医者、弁護士などに偽装し、各地で小切手の偽造をし、
派手な生活を送りつつ逃亡しています。

アバグネイルを追うFBI捜査官がカール・ハンラティ(トム・ハンクス)。

この二人の攻防が描かれているのですが、
最終的にアバグネイルは捕まり、
映画のラストではアバグネイルは小切手の偽造のノウハウを生かして、
FBIの操作に協力するようになり、今もなお、続けているとの字幕がでます。

実際にアバグネイルを逮捕したフランスの警察官がカメオ出演しているそうです。

この映画の魅力としては兎に角アバグネイルがキレ者かつ、大胆である点です。

アバグネイルが逮捕されたのが21歳というのをwikipediaで読んで驚きました。

カールがアバグネイルを追っている最中、
電話で何度か二人は接触するのですが、
それが毎年クリスマスの夜なのも、なんとも溜まりません。

短くなりましたが非常に面白い映画ですので是非ご覧ください。

以上。

2019

今年一年を振り返ってみました。

年始はバックギャモンにはまり、アプリのゲームで遊んだり、
バックギャモンができるバーに行ったりしていました。

頭が悪いせいで、将棋とかオセロとかマージャンとか総じて弱いのですが、
どれもそれなりに好きです。

食べ物だと、BEAN TO BARのチョコレートにハマり、
サタデイズとかミニマルとかのチョコレートを買いまくり食べまくりました。

コーヒーや葉巻と産地とかを合わせて食べると面白かったです。

最近だと面倒で明治のTHE chocolateで済ませていますが、
たまに複雑な味のチョコレートが食べたくなります。

あと、元々好きだったのですがバゲットにハマり、
事務所か自宅から歩いて行ける範囲のパン屋にバゲットを買いに行き毎日食べました。

最終的には顎が痛くなってやめましたが(笑)

夏には初めてライジングサンへ行きました。

ノリで了承してしまったなどと行くまでの間思っていたのですが、
行ってみると、ベタな話ですが想像よりはるかに楽しかったです。

石野卓球最高でした。
電気グルーヴの曲もサブスクで早く聞けるようになるといいですね。

読書に関してはあまり本を読まなかった一年となりました。
Amazonprimeで雑誌を読んだり、映画雑誌を買ったりしていましたので、
雑誌は去年よりも読んだ実感があります。

映画に関しても例年より見る量は激減しておりますが、
AKIRAを爆音上映で見ることができたり、ネットフリックスでは
スコセッシやマイケルベイ、エドガーライトなどの映画を独占配信したりして、
すごい年になったような気がしてます。

あと、午前10時の映画祭で、時計仕掛けのオレンジをスクリーンで見られたのも良かったです。

映画のウィンストンチャーチルやドラマのルシファーの影響で、
家での飲酒量が多くなった年でもあります。

最近、『へいげもの』にハマっていますので、
酒からお茶にドンドンシフトしていこうと思っております。

以上

【メルマガ】ペンギン・ハイウェイ

どうも、町野です。
今日のニュースでレッドホットチリペッパーズの元ギタリスト、ジョンフルシアンテが
戻ってくるとのニュースがありました!!!!!!!!!!!!

どどどどどどうなっちゃうんですかねぇ!!!!!!

以下メルマガのコピペ↓

ペンギン

今回は2018年3月公開のアニメ映画『ペンギン・ハイウェイ』です。

原作が森見登美彦で、『夜は短し歩けよ乙女』で有名な人です。

監督が石田祐康で、私は観ていませんがノイタミナのアニメで『ポレットのイス』
などの監督もしております。

私はAmazon Primで観ました。
原作は読んでおりません。

あらすじです。

主人公は小学生4年生の男の子アオヤマ。
アオヤマはかなり頭が良く、勉強ができて、かつ日々努力を怠らない。
アオヤマは日々研究をしており、日常から研究テーマを見つけては、
それをノートにまとめ、夜な夜なそれについて調べたり考えたりしている。

アオヤマは歯科医院のお姉さんのことが好きで、
週に一回お姉さんからチェスを教えてもらっている。

そんなアオヤマの住む町にある日、ペンギンが大量発生する。

その問題についてアオヤマは考えるようになる。

そしてペンギンはお姉さんによって造られていることがわかるが、
何故お姉さんがペンギンを造れるのか?それはお姉さんもわからない。

ペンギンについて調べている中、
クラスにいる優等生でチェスの強い女の子、ハマモトから秘密を教えられる。

その秘密とは、森の中にある水の塊のような物であった。

夏休みを利用しアオヤマは水の塊について研究をする。

研究をしているうちに、その水の塊について、
研究者である大人たちも調べ始め、それは大きな問題へと広がっていった。



水の塊とお姉さんとペンギンの関係について不思議さを残したまま話は進んでいきます。

簡単な私の感想としては、
アオヤマは日常の不思議について自分で考え、調べることそのものを喜びとしていることが
やっぱ大事だよなーって思いました。

意味とか結果とかをどんどん抽象化してしまうと中々、そんなことは見出せなくなってしまう気がします。

あと、『父の問題の解き方三原則』というものが出てきます。

① 問題を分けて小さくする
② 問題を見る角度を変える
③ 似ている問題を探す

私が小学生の頃に通っていた塾の先生(算数)も
「問題は分けたら解る」と言っており、私が物事考えるときはいつもそのことを気を付けています。

(まあ、日々もっと考えて生きていく必要性はありますけども。)

あと、私が小学校4年生の頃に担任の先生が『1/2成人式』というものを催してくれた
ことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。

その式の内容については全く覚えておらず、他に何か覚えているか考えてみました。

小学4年生の頃は全くやる気のないECC英会話に通い、サッカーに通い、
書道教室と水泳はたしか辞めていたような...

ハマっていたことは、多分、虫とか両生類が好きで捕まえていたのと、
このくらいからコーヒーを飲み始めていたような。

世の中的には、オレオレ詐欺とか、「チョー気持ちい」とか、冬ソナとか、、、etc,,,

あれから15年もたってしまいましたが、
私もアオヤマ君の気持ちを大事に過ごしていくべきだと思いました。

以上。